矯正治療費用について

矯正治療費用は、保険が適用されません。ただし、医療費控除の対象になります。(詳細は、税務署にお問い合わせいただき、申請方法等をお聞きになることをお勧めします。)また、先天異常(厚生労働大臣が定める疾患)と顎変形症の方は、健康保険の対象となります。
なお、以下の矯正治療費には、別途消費税を請求させていただきます。

初診相談料(予約制)
3,000円(税抜)

矯正治療を希望されるご本人と一緒に来院してください。

気にされていることを伺い、診察後、類似症例等を用いて具体的治療の進め方についてご相談いたします。治療の目標、治療の開始時期、治療内容、治療期間、そして治療費用の概要についてご説明します。

検査料
30,000円(税抜)

矯正治療に必要と考えられる頭部エックス線規格写真(セファロ)、パノラマエックス線写真、顔面写真、口腔内写真、歯型印象等の検査資料の採得を行います。
(状況によりまして、追加の検査資料が必要になる場合がございます。その時には、再度ご説明いたします。)

診断料
20,000円(税抜)

問診と検査資料より得られた結果を詳細に説明し、治療目標を設定し、それに応じた治療計画を立案します。
同時に矯正装置、治療期間、治療費用について説明します。

矯正基本料金
第一期治療(乳歯列・混合歯列期) 100,000~350,000円(税抜)
第二期治療(永久歯列期) 600,000~750,000円(税抜)
※第一期治療から第二期治療に移る場合には、差額をお支払いしていただくことで、移行することができます。

矯正基本料金には、一般的な矯正装置料と矯正管理料が含まれています。不正咬合の程度、治療難易度や矯正装置の種類により矯正基本料金が異なります。
また、矯正治療開始時期により「第一期治療」(乳歯列・混合歯列期)と「第二期治療」(永久歯列期)に分かれ、矯正基本料金が異なります。

処置料
5,000円(税抜)

動的治療中は、ひと月に1回程度の通院になります。来院毎に処置内容に応じてかかる費用です。通常は、5000円ですが、フッ素処置や歯石除去の追加処置等が必要な場合には相談の上、+1,000円で実施します。

観察料
2,000~3,000円(税抜)

初診相談ののち、経過観察となった場合、矯正治療開始までの間、歯の生えかわりや顎の骨の成長、さらには発音・嚥下等を1年に1~4回程度、定期的に観察するときにかかる費用です。必要なときには、ブラッシング指導も行います。